TOPIC

2020.5.26

AirPodsケースはどのような素材で作られているかを解説します

AirPodsケースはどのような素材で作られているかを解説します

AirPodsケースはどのような素材で作られているかを解説します

「AirPodsケースの購入を検討しているけど、どの素材を選べば良いかわからない」
「まずそもそもAirPodsケースはどのような素材で作られているのか知らない」
このようにお悩みの方も多くいらっしゃいますよね。
そこで今回は、AirPodsケースの素材についてまとめた後に、おすすめの商品について説明します。

AirPodsケースの素材についてのまとめ

AirPodsケースはさまざまな種類の素材で作られており、なかなか違いを把握できていないかもしれません。
素材によって特徴がかなり異なるため、1つずつ確認していきましょう。

まずシリコン素材のものは、価格が安く色の種類も豊富にあるため、コスパが良いです。
しかし、充電ケースに密着してしまい、着脱時には少し手間がかかる場合があるため気をつけましょう。

丈夫なものが良い場合は、硬質な素材を使用しているハードタイプや、TPU(熱可塑性ポリウレタン)や高品質シリコン素材を使用しているアウトドア向きのものを選ぶと良いでしょう。

TPUは、軽くて弾力性があるという特徴があり、高品質シリコン素材は防水性に優れており、傷もつきにくいという特徴があります。

また、デザイン性を求める方には、レザーのものや繊維のものがおすすめです。
レザーの中でも、本革は長持ちしますが、水に弱いという特徴があり、合皮は水に強く、価格も安いという特徴があります。

さらに、繊維を素材とするAirPodsケースは手触りが良いため、手触りを求める方は繊維のものもぜひ検討してみてください。

これ以外にも、さまざまな素材があり、特徴があります。
そのため、自分が求めるものが何なのかを、一度考えてみてから選ぶのがおすすめです。

カラビナ付きAirPodsレザーケースについて

自分だけのAirPodsケースを作る際に、デザインを追求したい方には、カラビナ付きAirPodsケースがおすすめです。

このケースでは、PUレザーという合皮を用いていますが、PUレザーは厚手であるため、落下時の衝撃に強いうえに、本革に比べて汚れや水に強いため、長持ちします。
また、PUレザーには発色が良いという特徴があるため、お気に入りのデザインを綺麗に反映できるでしょう。

さらに、付属のカラビナでバックに装着すると、アクセサリーになりますし、バックの中で行方不明になる心配もなくなるでしょう。

まとめ

今回は、AirPodsケースの素材についてまとめた後に、おすすめの商品について説明しました。
素材ごとの特徴を確認して、自分に合ったものを選ぶのが重要です。
ぜひこの記事を参考にしてみてください。