TOPIC

2020.4.30

手帳型スマホケースはどう固定するのか?固定方法を紹介!

手帳型スマホケースはどう固定するのか?固定方法を紹介!

手帳型スマホケースはどう固定するのか?固定方法を紹介!

手帳型スマホケースに憧れがあるといった方はいらっしゃいませんか。
手帳型スマホケースはおしゃれですし、スマホをしっかり守ってくれるため、人気の高いスマホケースです。
手帳型スマホケースはその固定方法にさまざまな種類があることをご存知でしたか。
それぞれの特徴を紹介します。

手帳型スマホケースの固定方法

通常のスマホケースは、スマホの側面と背面を囲むような形をしているものが多いです。
このようなケースは、スマホがケースにはまる形になっています。
よって、使えるケースは機種ごとに限りがあります
もちろん、このような固定方法の手帳型スマホケースもあります。
しかし、この他にも固定方法があることをご存知でしょうか。
それでは、スマホケースの固定方法について確認していきましょう。

手帳型スマホケースの固定方法には、クランプ、カバー素材、粘着シート、吸盤などが挙げられます。
それぞれに特徴があるため、確認しておきましょう。

まずは、クランプという固定方法です。
この固定方法は、スマホの側面と背面を囲むような形をしているものです。
スマホをしっかりと固定するので、安定性や操作性が高いです。
しかし、機種と一対一で対応をしているため、機種変更をすると使えなくなるというデメリットがあります。

次に紹介するのは、カバー素材です。
スマホの端を合皮のような素材で囲む方法です。
クランプに似た形をしています。
クランプと異なり、幅広い機種に対応しているため、機種変更でスマホカバーを変える必要がありません。
しかし、カバーが画面の端に触れて誤作動を起こすこともあり、注意が必要です。

粘着シートでスマホを貼り付けるという方法もあります。
この方法であれば、どんな機種でも対応が可能です。
粘着シートは何回でも着脱が可能で、安定性も高いです。
しかし、メリットばかりではありません。
繰り返し使用しているうちに粘着力が落ちることで不具合が起きる場合もあります。
定期的なメンテナンスで寿命を伸ばしましょう。

吸盤でスマホを固定するという方法もあります。
考え方は粘着シートと同じです。
この場合、吸盤は分厚いため、かさばってしまうというデメリットがあります。

まとめ

スマホの固定方法は一種類だと思っていた方も多いのではないでしょうか。
しかし、スマホの固定方法はさまざまです。
使える固定方法は、機種やこだわりで異なります。
自分の機種とこだわりに適している固定方法を選び、快適にスマホを操作できるようにしたいですね。