/* A8net */

TOPIC

2020.3.11

モバイルバッテリーは機内に持ち込みOK?気になる条件を解説します!

モバイルバッテリーは機内に持ち込みOK?気になる条件を解説します!

モバイルバッテリーは機内に持ち込みOK?気になる条件を解説します!

「モバイルバッテリーって飛行機に持ち込めるっけ?」
「モバイルバッテリーを持ち込んで荷物検査で止められると噂で聞いたことがある。」
と悩んでいる方はいませんか。
今回は飛行機利用におけるモバイルバッテリーの疑問を解決します。

モバイルバッテリーをスーツケースに入れてはいけない?

知って驚く方は多いと思いますが、モバイルバッテリーは危険物として扱われます。
なぜなら、モバイルバッテリーにはリチウムイオン電池が使われているからです。
では、なぜリチウムイオン電池が危険なのでしょうか。
実はリチウムイオンは爆発、発熱、発火の危険性を秘めています。
過去にはモバイルバッテリーの発火が原因で緊急着陸を余儀なくされたこともあります。

そのため、モバイルバッテリーをスーツケースに入れるなどして預け入れることは禁止されています。
預け入れの荷物にモバイルバッテリーをうっかり入れていると荷物検査で止められてしまうかもしれません。
しかし、旅行や出張の際にモバイルバッテリーが無いと困りますよね。
毎回、現地で購入なんて面倒です。

安心してください、預け入れは不可ですが、機内への持ち込みのみ許可されています。
モバイルバッテリーのリチウムイオン電池が発火しても貨物室では発見できません。
しかし、手荷物だと万が一発火してもすぐに発見できます。
そういった理由から機内持ち込みのみ許可されています。

国内線と国際線で異なる持ち込みのルール

モバイルバッテリーの機内持ち込みは許可されていますが、実は持ち込める量に制限があります。
いくら乗客席のあるエリアで発火したとしても発火がひどいと消化できないからです。
また、その制限も国内線と国際線で異なります。

国内線

一般的に国内線であれば160ワットを下回っていれば持ち込んでも大丈夫です。
しかし、160W未満であっても持ち込めるのは一人「2個」までに制限されています。
また、100Wh未満であれば何個でも持ち込めます。
容量が160Wを超えるようであれば、持ち込みを断念しなければなりません。

国際線

国際線は国内線に比べて制限が厳しい場合が多いです。
国際線は航空会社によって異なるのであらかじめ確認しましょう。
日本の国際線であれば国内線と同じ制限の航空会社が多いです。

まとめ

今回はモバイルバッテリーの機内持ち込みについて説明しました。
飛行機の利用を検討している方はぜひ、この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
また当社は携帯周辺機器以外にも多くの商品に関するサービスを行なっていますのでお気軽にご相談ください。