TOPIC

2020.3.04

スマホケースを自作してみよう!自作のアイディアや注意点をご紹介!<

スマホケースを自作してみよう!自作のアイディアや注意点をご紹介!<

スマホケースを自作してみよう!自作のアイディアや注意点をご紹介!

スマホケースを自作できることをご存じでしょうか。
どうやって作るのか、作る時に気を付ける点など疑問に感じることはたくさんありますよね。
そこで今回はスマホケースを自作する方法や注意点について紹介します。

スマホケースを自作するメリットとは

スマホケースを自作することには、メリットや魅力が多数あります。
主なメリットとして他の人と被らないという点が挙げられます。
市販のスマホケースは同じデザインのものが大量に販売されていますが、自作なら世界でただ1つのデザインのものを持つことができるので、他の人と被ることがありません。

記念日や誕生日のプレゼントに向いている点も魅力の1つです。
何か特別なプレゼントをする場合に、市販の商品ではなく、手作りの品を送りたいと考える人もいるでしょう。
自作のスマホケースはハンドメイド初心者でも、作り方によってはきれいで簡単に制作できるのでおすすめです。

推しメンや好きなアイドルの応援グッズにできる点も魅力でしょう。
推しメンやアイドルに合わせて自作することで、スマホを使うのが楽しくなるはずです。

スマホケース作りと注意点

簡単な作成方法

スマホケースを自作しようと考えると費用が気になりますよね。
そこで簡単に自作する方法を紹介します。

まずは土台となるケースを用意します。
プラスチック製のケースは100円均一で販売されているので、それを土台に使用すると良いでしょう。
飾り付けは、絵がかけない、上手くできそうにないと諦める必要はありません。
デコパージュ液を使用することで、気に入ったデザインの紙を切り抜いて、土台となるスマホケースに貼ることができ、比較的簡単に見栄え良く完成させられます。
そのため、デコパージュ液と塗るための筆、仕上げ液を用意しましょう。
これらは基本的には100均で購入できます。

具体的な作成方法は、まず気に入ったデザインの紙を用意します。
紙は薄い方が良いので、100均のナプキンを薄く剝がして使用すると良いでしょう。
土台のスマホケースにデコパージュ液を満遍なく塗り、用意した薄い紙を貼ります。
十分に乾いたら、仕上げ液も同じように塗って完成です。

自作時の注意点

実用性を考慮して作ることが大事です。
せっかく作ったスマホケースが使いにくかった場合、がっかりしてしまいます。
どのような素材が良いか、ハードカバーと手帳型のどちらが使いやすいかなどを考えると良いでしょう。
また、見た目を重視し過ぎて、耐久性が低くならないように注意しましょう。

当社でスマホケースを作るのもあり!

当社のスマホケース3D印刷で自分だけのオリジナルスマホケースを手に入れるという方法もあります。
3D印刷は真空熱転写印刷という方式をとっており、インクシートを加熱することで塗料を昇華させて受容層に付着させます。
ケースの側面まで高品質な印刷が可能なので、表現力の高いオリジナルスマホケースを作成できます。

まとめ

今回はスマホケースを自作する方法や注意点について紹介しました。
自分だけのオリジナルのスマホケースを作ると、スマホの使用がさらに楽しくなるでしょう。
気になった方はぜひ自作スマホケースを作ってみてください。