TOPIC

2020.2.02

加湿器っていつから使ったらいいの?目安の時期について解説します!

加湿器っていつから使ったらいいの?目安の時期について解説します!

加湿器っていつから使ったらいいの?目安の時期について解説します!

「加湿器っていつから使ったらいいの?」
「いつからどれくらいの湿度を目安に使うのがいいのか知りたい。」
このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。
なかには何度で使用するのがいいのかを知りたい方もいると思います。
そこで今回は、加湿器の時期と湿度の目安についてご説明します。

いつから加湿器を使うべきか

みなさんはいつ頃から加湿器を使用し始めますか?
一般的には9月の終わりから使い始める方が多いのではないでしょうか。
しかし、地域によって変わるので正確にこの時期からとは言い切れません。
では、何を合図に使用を開始すればいいのでしょう。

実は加湿器を使用するかしないかは温度によって決められます。
これは温度と湿度が深く関係しているからです。
多くの方が冬に乾燥のイメージを持っているのではないでしょうか?
このように冬などの温度が低い時期は比較的に湿度も低下します。
夏はこの逆のパターンで、温度と湿度が高くなります。
これは空気中に含める水分の量、飽和水蒸気量が温度によって変わるからです。
では、何度を基準にすればいいのでしょうか?

実は気温20℃以下になったときが加湿器の使い始めに適していると言われています。
先程もご説明したように温度が低いと飽和水蒸気量が低下します。
この状態で室内を温めると湿度が下がり、乾燥するということです。

加湿器の適正湿度

先程、いつから使い始めるかについてご説明しました。
では、快適に過ごすためにはどれくらいの湿度がちょうどいいのでしょうか?

湿度の目安はだいたい40%から60%くらいと言われています。
まず、40%の基準についてですが、これを下回ると乾燥するだけではありません。
この基準はインフルエンザウイルスが活動する湿度の目安になります。
そのため、湿度を最低40%以上に保っておけば予防になるということです。
また、上限の60%はカビやダニの発生しやすい湿度になります。
こちらも体調に影響を及ぼすので注意しなければいけません。

つまり、湿度は上げすぎるのも下げすぎるのもよくないということになります。
適切な湿度で維持するために湿度計を用意して使うようにしましょう。

まとめ

ここまで加湿器の時期と湿度の目安についてご説明してきました。
加湿器はいつから使うのがいいのかを知っていただけたでしょうか。
自分の身を守るためにも湿度をちゃんと管理してください。
当社ではこの他にもさまざまなアイテムを取り扱っています。
ぜひお気軽にご利用ください。