TOPIC

2019.8.17

オリジナルのTシャツを作って文化祭を楽しもう!

オリジナルのTシャツ

オリジナルのTシャツを作って文化祭を楽しもう!

「もうすぐ文化祭がある」
「みんなでお揃いのものを作って絆を深めたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
確かに、文化祭はみんなの絆を深める、良いチャンスですよね。
そこで今回は、文化祭で使える、オリジナルTシャツを説明します。

オリジナルTシャツとは

オリジナルTシャツとは、前面や背面に自分の好きなデザインをプリントしたTシャツのことです。
前面にロゴ、背面に大きめの画像を入れれば、きちんとデザインされた印象になります。
また、前面に画像を入れるだけでもカジュアルなデザインに仕上げられます。

オリジナルTシャツの特徴

Tシャツの質

オリジナルTシャツで多くの方がこだわるのは、デザインです。
そのため、Tシャツの質を見落としがちです。
質もきちんとこだわりましょう。
当社のTシャツは、生地の厚さが程よく、着心地が良いでしょう。

スマホやデジタルカメラの写真でも大丈夫

スマホやデジタルカメラで撮影した写真もプリントできます。
そのため、たくさんの写真を撮ってから、良いものを選べます。

専用ソフトが要らない

通常の業者では、オリジナルTシャツを作る際に、デザイン用の専用ソフトが必要になる場合があります。
しかし当社では、ウェブサイト上で、デザインから注文までを簡単に行えます。
簡単に作れるため、デザインを考える方に多くの時間をかけられます。

文化祭にオリジナルTシャツ

文化祭のためにオリジナルTシャツを作る場合、みんなの集合写真を入れることが多くあります。
一緒に名前を入れれば、誰がどこにいるかもすぐ分かるため、見ていて楽しめます。
また、学校を卒業した後でも、思い出として残しておくことができます。
他にも、自分たちで描いた絵をプリントできます。
クラスの中で、デザインが上手い人に絵を描いてもらうのも良いかもしれません。
オリジナルのキャラクターなどがあっても良いですね。

オリジナルTシャツを作るときに知っておきたいこと

適した解像度と画像サイズ

オリジナルTシャツに合わせて拡大が必要な画像サイズをアップロードすると、画像が粗くなる場合があります。
そのため、解像度として300dpiから350dpiほどが必要です。
また、画像サイズは長辺が1080ピクセル以上を推奨しています。
基本的にスマホやデジタルカメラで撮影された写真をそのまま使えば問題ありません。

まとめ

今回は、文化祭で使える、オリジナルTシャツを説明いたしました。
みんなでTシャツを揃えれば、絆が深まること間違いないでしょう。
ぜひ一度オリジナルTシャツを検討してみてください。