TOPIC

2021.9.04

iPhoneはなぜ高いのか?Androidとの違い

iPhoneはなぜ高いのか?Androidとの違い

iPhoneは割高?

世界中の方々があたりまえに毎日使っているスマートフォンの中でも、アップル社のiPhoneはAndroidに比べると高級なイメージがあるのではないでしょうか?
今日の記事ではiPhoneがなぜ高いのか、その理由を解説していきます。また、iPhoneのライバルとなるAndroidとの違いについても比較して、
Appleならではの手法を調べてみました。ブランド的な人気で世界中で普及率の高いiPhoneですが、端末の価格が高いことで購入を迷ってしまっている方も多いのではないでしょうか?そういった方はぜひ今日の記事を参考にしてみてください。

iPhoneの値段が高い理由は?

これまでに前例のなかった商品が登場すると、その価格はたいてい高額となります。
昔話で恐縮ですが、テレビや冷蔵庫が販売されはじめた時にはそのお値段はサラリーマンの平均月収に相当していたなんて、
いまではちょっと考えられませんよね^^;

iPhoneは2008(平成20)年にソフトバンクから初めて日本で発売されたのですが、この機種(iPhone 3G)の価格をみてみると、
8GBモデル→69120円(実質価格23040円)、16GBモデル→80,640円(実質価格34560円)となっていました。
そしてiPhoneの初登場から十年後の2018年発表のiPhone XS Maxは64GB→124800円、512GB→164800円と、一般的なノートパソコンより高い値段になりました。冷蔵庫なら24時間稼働しても10年近くもちますが、iPhoneの場合はどれだけ大事に使っても5~6年が限度ですから、いかにiPhoneの価格が高いかがわかりますよね。

iPhoneが高い理由は?

iPhoneの値段が高いという声はよく聞かれるのですが、それでも相変わらず新機種が発売されるたびにiPhoneは値上がりしています。
そして、高くなってもiPhoneユーザーはiPhoneから離れることなく新機種を手に入れようとするのはなぜでしょうか?
ここには、アップル社が強気の価格設定を崩さなくてもアップル製品を好きな方には売れるという事実があります。
特にアップル信者と呼ばれるような方は、他のメーカーがiPhoneにはない新機能を取り入れた新機種を発表しても、
そんなものは最初から存在していないかのようなスタンスで、アップル製品のみに注目しています。

iPhoneとAndroidの違いは?

iPhoneが高価な理由は、Androidよりも性能が良いからという話をよく耳にしますが、
実際にはAndroidの性能は価格、機種によってピンキリとなので必ずしもiPhoneだけが高性能というわけではありません。
iPhoneとAndroidの最大の違いはOSにあります。iPhoneではOS(iOS)・端末ともに自社の開発です。
一方、AndroidではGoogle社がライセンスフリーで提供するAndroid OSを介して、世界中のメーカーが自由に端末を作ることができます。
そのためAndroidは端末の選択肢が多く、2万円台から購入できる格安の機種から10万円を超える高価なモデルまで様々です。

iPhoneを選ぶメリットは?

Android端末を作っている会社は世界中にたくさんありますが、iPhoneはApple社の提携工場でしか製作することができません。
そしてOSはもちろんのこと端末のCPU、iPhone本体、さらにアプリに至るまでiPhoneはApple社の目がしっかりと行き届いています。
そのため販売されているアプリの品質やセキュリティも万全、iPhoneユーザーは安心してiPhoneを使用することができます。

iPhoneシリーズの使い勝手の良さは抜群!

iPhoneのユーザーはスマホからさまざまなサービスにアクセスしますが、アップル社では末端のサービスまで高品質と使いやすさを維持しています。
音楽アプリのiTunesを使えばiPhoneで簡単に音楽を聴けるだけでなく、iTunes Storeより新しい曲の購入や他のアップル製品との共有・同期もできます。
このように、音楽に関連したことをiTunesのみでできるようアップル社がサポートしてくれます。
さらに、問題発生の際の解決策もしっかりと用意されており、いつでもiPhoneを便利に安心して利用できるのです。

□iPhoneからAndroidに乗り換える理由を作らないアップル社

iPhoneはAndroidとの互換性が極めて少ないので乗り換えは面倒を伴います。
さらにアップル製品はアフターフォローが行き届いており、古いiPhoneにも最新OSをインストールできます。
一度iPhoneを使った人に対して、Androidに乗り換えたいと思わせないサービスをAppleは積極的に提供しています。

特にOSのサポートが二年ほどで終了するAndroidに比べると、アップル社独自のiOSはサポート期間が何倍も長く、
大切にiPhoneを使えばAndroidよりも結果的にはコスパ良くスマートフォンを利用することができるでしょう。

□iPhoneには価格分の価値がある?

iPhoneの原価率は安く、販売価格の3分の1となっていますので、人によっては原価率を知ってiPhoneを買うのは損だと感じられる人もいるかも知れません。
しかし、スマートフォンは本体だけでなく、ソフトの質や使い心地の良さなど含めて価値を判断するべき商品です。
原価率が安くてもiPhoneはシリーズのどの機種を選んでも高性能かつ長く使用できる機種です。
価格を高く感じたとしても、多くの方はiPhoneに魅力を感じているのは事実ではないでしょうか。

□iPhoneはAndroidよりも高いが値段以上の価値がある?

iPhoneは確かに高価ではありますが、安定したユーザーへのサポートと高性能で長く快適に使用できるため、
数年にわたって長期利用することを踏まえると価格に相応しい価値があるのではないでしょうか。
特にMacBookやAirPods、iPad、外部ストレージサービスのiCloudなどと組み合わせた際の使い勝手の良さは抜群で、
アップルユーザーが身の回りの製品をアップル製品で固めたがるのも理解できるところです。

アップル関連のオリジナルグッズならメークにお任せ!

今日の記事では特にiPhoneシリーズの魅力について解説いたしましたが、
AirPodsシリーズ、iPadシリーズ、MacBookシリーズなども競合する他社製品よりも割高ではありますが、
アップル製品ならではの魅力を備えています。
メークではアップル製品の周辺グッズやオリジナルケースの品揃えが豊富で、
iPhoneに限らず、アップル製品の最新作に対応したオリジナルケースを新作発表から最短でご用意することができます。

デザイン性に優れたアップル製品ですが、あなたのイニシャル、自作のロゴ、写真、手書きの絵やイラストなどなど、
オリジナルケースにはお好きなデザインでのカスタマイズが可能ですので、
ぜひあなたのアップル製品をもっとおしゃれに彩ってみてください!

ユーザーがとても多いアップル製品ですから、オリジナルプリントでケースを作ることによって周りの同僚や友人との差別化も図ることができますよ!