TOPIC

2022.1.04

スマホケース制作をお考えの方へ!手帳型とカバー型それぞれのメリットを紹介します!

スマホケース制作をお考えの方へ!手帳型とカバー型それぞれのメリットを紹介します!

スマホケース制作をお考えの方へ!手帳型とカバー型それぞれのメリットを紹介します!

オリジナルスマホケース制作をお考えの方の中には、手帳型にするかカバー型にするかでお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

この2つの種類には、それぞれで異なる魅力があります。

この記事では、手帳型とカバー型それぞれのメリットとデメリットについて紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

手帳型のメリットとデメリットについて

まずは、手帳型のメリットとデメリットについて紹介します。

1つ目のメリットは、画面割れのリスクが減ることです。

このタイプのスマホケースは、閉じている状態にしておけば背面だけではなく表面もしっかりと保護してくれるので、画面割れのリスクを減らせます。

そのため、不意にスマホを落としてしまったとしても安心です。

2つ目のメリットは、機能性が高いことです。

このタイプには、カードが収納できるポケット付きのケースやミラーがついているケースなどの機能性が高いタイプがたくさんあります。

これらのタイプを選べば、スマホ本体を保護できる上に、便利な生活を送れるようになるので非常におすすめです。

一方で、デメリットもあります。

それは、操作がしにくいことです。

今まで一度も手帳型を使ったことがない方であれば、慣れるまで操作がしにくいと感じるかもしれません。

特にカバー型とは違い、片手での操作が難しいので、最初のうちは不便に感じる方もいるでしょう。

しかし、時間の経過とともに解消されていくのであまり心配する必要はありません。

カバー型のメリットとデメリットについて

次は、カバー型のメリットとデメリットについて紹介します。

1つ目のメリットは、かさばらないことです。

外出する際には、ズボンのポケットにスマホを入れて持ち歩く方もいらっしゃるでしょう。

手帳型はカバー型に比べて厚みがあるので、ポケットがかさばってしまう可能性が高いです。

一方でカバー型は、薄手のケースが多いため、このような心配はありません。

2つ目のメリットは、すぐに確認できることです。

このタイプは手帳型とは違い、表面部分が常時ひらけている状態なので、メールや電話などがきた際にすぐに確認できます。

操作もしやすいため、よくスマホを触る方にはおすすめです。

一方で、デメリットもあります。

それは、故障のリスクが高いことです。

手帳型と比べると、このタイプは本体が故障するリスクが高いです。

特に落下の衝撃で画面が割れてしまうことはよくあるので、カバー型を使う場合はスマホを落とさないように常に気を配るようにしましょう。

まとめ

この記事では、手帳型とカバー型それぞれのメリットとデメリットについて紹介しました。

オリジナルスマホケース制作をお考えの方は、今回紹介した内容を参考にして自分に合うタイプを選んで制作をしてみましょう。

制作の依頼を希望される方は、ぜひ当社のサービスをご利用ください。