TOPIC

2020.6.11

スマホハードケースを作成したい!UVレジンを使用する作り方をご紹介

スマホハードケースを作成したい!UVレジンを使用する作り方をご紹介

スマホハードケースを作成したい!UVレジンを使用する作り方をご紹介

今使っているスマホケースが古くなって新しいものに変えたいという方は、大勢いらっしゃると思います。
しかし、せっかく変えるなら他とはちょっと違う自分だけのケースって欲しくなりますよね。
そんな方に今回は、UVレジンを使用したスマホハードケースの作り方をご紹介します。
スマホケースを新しくしたい方必見です。

UVレジンとは?

そもそもUVレジンとはどういったものを指すのでしょうか。
はじめにレジンとは、英語で「resin」と表記され、「樹脂」という意味を持ちます。
金属や紙、プラスチックといった様々な種類の材質に使用され、ハンドメイドに重宝されています。

レジンには大きく2種類あることも知っておきましょう。
1つ目はエポキシレジンと呼ばれ、2種類の溶液を混ぜて使用されます。
こちらは立体感を出せますが、完成まで時間がかかってしまうのが特徴です。

一方で今回ご紹介するUVレジンは、使用する溶液は1種類のみで混ぜる必要がなく、固まる時間もエポキシレジンよりも早いです。
手頃で簡単に作れるため、ハンドメイド初心者の方にも扱いやすい溶液だといえるでしょう。

UVの中にも固まった後、硬くなるハードタイプと、固まった後も柔らかい質感が残るソフトタイプがあります。
今回のスマホハードケースの場合は、ハードタイプのUVレジンを使用するのがおすすめです。

UVレジンでオリジナルスマホケースが作れる

次にスマホケースの作り方に移ります。
準備するものは4つです。

1つ目はスマホケースです。
スマホケースはソフトタイプを使用した場合変形する恐れがあるため、ハードタイプを選びましょう。
また、ケース本体の色はできるだけ透明、もしくは薄い色であると良いです。
あまりにもケースの色が濃いと、デザイン図が見えなくなってしまうためです。

2つ目はデザイン図です。
オリジナリティのあふれるデザイン図にしましょう。

3つ目はUVレジンです。
こちらはデザインに合わせて数種類の色を用意しておくといいでしょう。

4つ目はデコレーションパーツです。
パーツにはラインストーンやブリオンの他、押し花やドライフラワー、ラメなどがあります。

はじめにデザイン図をスマホケースに貼り付けます。
作業中ずれないようしっかりと固定しましょう。
その後貼り付けたデザイン図に合わせて色付きのUVレジンで絵を書きます。
途中手が当たってぐちゃぐちゃになるのを防ぐために一気に書き上げてしまうのではなく、少しずつ固めながら書くのがおすすめです。

絵が書き終わったらデコレーションパーツをのせ、その上から透明なUVレジンを重ねて固めたら完成です。

まとめ

今回はUVレジンを使ったスマホハードケースの作り方をご紹介しました。
UVレジンを使うことで、短時間で簡単にオリジナルのスマホケースを作れます。
スマホケースを作成したい、という方はぜひ参考にしてみてください。