TOPIC

2019.2.21

そのデザイン著作権は大丈夫?|スマホケースを作成する方必見です!

そのデザイン著作権は大丈夫?|スマホケースを作成する方必見です!

そのデザイン著作権は大丈夫?|スマホケースを作成する方必見です!

「自分もスマホケースを作ってみたい!」
「スマホケース作りを趣味にしてみようかな。」
このようなお考えをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
一度はお気に入りのキャラクターやお洒落なロゴを用いて、自分だけのスマホケースを作ってみたいですよね。
ですが、その際に著作権を意識したことがありますか?
法律の専門家でもない限り、著作権の厳密な取り扱い方を理解していない方がほとんどかと思われます。
今回はそのような方に向けて、オリジナルのスマホケースを作成する際の著作権の取り扱いについて解説します。

オリジナルスマホケースを作成する際の著作権

スマホケースを作成するにあたっては、著作権が関係する場合とそうでない場合があります。
次にどのようなケースで著作権が重要になるのか具体的に説明しますね。

著作権が関係しない場合

著作権が関係しないのは、非営利目的でスマホケースを作成した場合ですね。
つまり自分でケースを作って日常的に使う分には、著作権は関係しないということ。
これはしっかりと法律にも明記されているんですよ。
著作権法第30条では以下のように明記されています。
「私的使用のための複製として、自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を複製することができる。」

著作権が関係する場合

一方、著作権が関係するのは、作成したオリジナルケースを販売したり、他人に譲渡する場合です。
金銭のやり取りがなくとも、友人にあげるだけで著作権に触れるので注意が必要ですね。
営利目的でオリジナルのスマホケースを作成したい場合は、権利の持ち主に直接許可を取る必要があります。
これは契約料などが発生するので、一般の方が行うには少々ハードルが高いでしょう。
また、ケースの作成動画などで収益が発生した場合も著作権に触れるので注意しましょう。
この場合も著作権の持ち主に許可を取らなくてはいけません。

終わりに

今回はオリジナルのスマホケースを作成する際の著作権についてお話しましたが、いかがだったでしょうか?
上記のように営利目的か否かで著作権に違反するのかが決まります。
著作権について今までよく知らなかったという方も、「売らない」「誰かにあげない」の2点を守っていれば大丈夫ですよ。
自分が使用するケースを趣味で作る程度であれば、基本的には著作権は関係しません。
これらのポイントを踏まえながら、スマホケースの作成を趣味として楽しんでくださいね。
これからスマホケース作りに挑戦したい方は是非この記事を参考にしてください。